【市民法務:契約書作成の仕方/契約とは何か】~行政書士試験合格者が解説~

市民法務関係

今回の記事から、行政書士の市民法務業務について書いていきたいと思います。行政書士の業務には、権利義務に関する書類の作成とその代理・相談というものがあります。今回からは、その権利義務に関する書類の中で、契約書の作成内容証明書についての記事を書いていきます。行政書士を目指し受験されている方はもちろんのこと、行政書士の実務を学びたいと思っている方、開業準備をしている方、市民法務分野に興味がある方に向けて記事を書いていきます。
では早速ですが、契約書の作成をするためにまずは契約とは何かを知る必要があります。民法の勉強にも契約についての問題が多く出題されています。復習も兼ねて、契約について確認していきましょう。
この記事を読むことで、契約についての概要を知ることができます。

契約とは

契約とは、簡単にいうと、「約束、合意」のことです。簡単に解釈すると「約束イコール契約」と考 えてもらえばよいでしょう。契約はなぜ守らなければいけないか というと、「約束したからである」とい えます。つまり、約束していない人にとっては何の効力も生じないのが契約であり、契約の拘束力は、約束した人 (契約当事者)の間にのみ発生するこ とになります。そして、契約は、①契約を締結した いという申し込みと、②その申し込みに対する承諾という2つがなされることによって、有効に成立します(民法 522条1項)。
契約は、申し込みと承諾があれば成起立するため、そこには契約書の締結や 発注書と発注請書のやり取りといった手続きが必要なものではありません (民法522条2項)。つまり、契約は書面のやり取りなどがなされなくても、 口頭で申し込みと承諾があれば、成立します。

契約の成立時期

申し込みと承諾で契約は成立するため、承諾がなされた時期が、契約の成立時期になります。このため、例えば契約が成立して取引が開始された後に、当事者間で契約書をつくるという場合など、契約の成立時期が契約書を締結した時期と必ずしも一致するとは限りません。消費者としてお店で物を購入するよ うな場合には、通常、申し込みと承諾はそれぞれ一回ずつで契約が成立しま す。
一方、企業間で取引を行う場合には、一回ずつの申し込みと承諾で契約が成立することは少なく、何度も望む条件等をやり取りすることになります。
例えば、ある会社が取引先に対して、「ある商品を1個10円で10個売ってください」と申し込みをしたとします。これに対して取引先は、「1個20円な らいいです」と答えたとします。このような場合、ある商品を10個売ることについては承諾していますが、実際には申し込みの内容の一部を変えて承諾をしています。このような「一部を変えた承諾」は、 新たな申し込みと考えます。
これに対して「では、1個15円な らどうでしょう」とさらに答えたとすれば、これもまた一部を変えた承諾として新たな申し込みとなります。もちろん、取引先との交渉は、商品の代金についてのみ行われるものではなく、商品の仕様や納期など、さまざまな条件について行われることが通常です。これらの交渉においても、双方から申し込みがなされることになりま す。そして、最後に「この条件でいきましょう」「わかりました」といって、 双方の意思が合致した時点が、契約の成立時期になります。

契約が打ち切られた場合

契約を締結すべく商談を行っていたが、最終的に、当事者の意思が合致しなかったような場合には、契約は成立しません。このようなことは通常あり得ることであって、契約交渉の結果として、契約を成立させるに至らなかったとして も、どちらの当事者も何らの制裁も課されることはないのが原則です。
一般的に、契約関係に入ろうとする契約交渉中の段階では、相手方に対し て、信義則に照らして許されないと評価されるような行動をとってはならな い、という義務を負担していると考えられています。このため、契約関係に入ろうとする一方の当事者がその契約の締結の前段階において、例えば突如として契約交渉を理由なく打ち切ることによって、相手方当事者の期待を著しく損ねるなど信義則に照らして許されないと評価するような行動をとった場合には、相手方当事者が被った損害につき損害賠償責任を負うことがあるという理論が確立されています。このような理論は、契約締結上の過失の理論と呼ばれています。

まとめ

今回は契約についてご紹介しました。契約には特有の決まりがあります。その契約は日常的に行われています。例えば、買い物をすることは売買契約ですし、家を借りていれば賃貸借契約が成立しています。外食することも契約の一つです。そんな日常の中に溶け込んでいる契約ですが、意外とその成立時期や契約が破棄された場合に損害賠償が生じるなど知らないことがあるかもしれません。今回の内容を理解した上で、次回は契約書とは何かを学んでもらえたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました