【市民法務:消滅時効の内容証明】~行政書士試験合格者が解説~

市民法務関係

今回の記事も行政書士の市民法務業務について書いていきたいと思います。行政書士の業務には、権利義務に関する書類の作成とその代理・相談というものがあります。その権利義務に関する書類の中で、契約書の作成と内容証明書についての記事を書いていきます。行政書士を目指し受験されている方はもちろんのこと、行政書士の実務を学びたいと思っている方、開業準備をしている方、市民法務分野に興味がある方に向けて記事を書いていきます。今回は内容証明郵便の活用方法として消滅時効をする場合について紹介したいと思います。この記事を読むことで、内容証明書の活用方法について知ることが出来ます。

消滅時効を内容証明書で活用する場合

債権を消滅時効する場合には、時効援用通知書を郵送することが一般的です。時効援用通知書とは「消滅時効を利用することを債権者に通知する」ための書類です。
借金の場合、ただ消滅時効を迎えただけでは、借金の支払い義務が消滅せず、時効を援用する意思を債権者に示す必要があります。しかし、口頭でその旨を伝えても言った・言わないの水掛け論になる可能性があるため、書面で通知する必要があり一般的には内容証明郵便で時効援用通知書を作成し、送付すると良いでしょう。

時効援用通知書の記載内容

時効援用通知書に明確な書式はありませんが、最低限記載しなければいけない事項はあります。援用通知書に最低限記載しなければいけない内容は以下のとおりです。

時効を援用する日付

時効を援用する日付は書類を送付する日付で構いません。時効援用通知書を発送した日が分かる書類を保管しておくようにしましょう。
時効援用通知書は内容証明郵便で送るのが一般的ですので、郵便局からもらう控えを保管しておけば問題ありません。
なお、日付が消滅時効経過後の日付になっているかを必ず確認してください。消滅時効経過前に送付してしまうと、まだ時効期間が経過していないとして債権者から時効を停止するための措置を取られてしまう可能性がありますので注意が必要です。

送付者の情報

送付者が誰かを明確にするために差出人の情報は必要です。
差出人の氏名、住所、連絡先(携、番号でも可)は記載しましょう、

債権を特定する情報

消滅時効を援用する債権がどれなのかを特定できるように情報を記載する必要があります。

消滅時効を援用する旨

「消滅時効を援用する」という旨を記載します。これがないと援用通知になりません。

時効援用通知書を送る際の注意点

時効援用通知書を送る際にはいくつか注意点があります。

時効成立の起算日

基本的な考え方としては、以下の通りです。
以下のうちいずれか早い方

・権利を行使することができる時から10年(客観的起算点)
・権利を行使することができることを知った時から5年(主観的起算点)

一度でも返済をしてしまうと、その時点で時効はリセットされ、次の返済期日から起算して5年または10年となります。

時効がストップする措置が取られていないか

債権者が、時効がストップする前に以下のような措置を取った場合、時効はストップします。
【時効をストップする措置】

・裁判上の請求、督促
・強制執行(差押え)
・催告
・債務者の承認

内容証明書の送付後は

時効援用の内容証明送付したら|その後の結果は連絡のかといった疑問ですが、会社によっては「時効が成立したから契約書などの書類を返却してくる、時効が成立しない場合は、理由を記載した書面を送付してくる」ことがあるようですが、多くの会社は時効の内容証明を受け取っても、その結果の連絡していないようです。

時効援用の結果の確認方法

まずは、相手からのアクションを2週間~1か月は待ってみましょう。なにかしらの書類がくれば時効援用の結果は判明しますが、連絡がこない場合に確認したい方の確認方法を紹介します

直接電話をして確認する方法

時効は成立する期間が経過していて過去に裁判されていなければ時効になりますが、念のため相手に確認をすることをおすすめします。ただし、時効になっていない場合は「今後の支払いについての話をしてくる」ことがあります。

・請求書などに書かれている電話番号に電話する
・「先日送付した時効援用の通知についての回答を聞きたい」と伝える
・住所・氏名・生年月日など本人を特定するための情報を聞かれます
・調べて回答してくれる。

信用情報を取得して削除か訂正されているか確認する方法

時効援用する前に信用情報を取得している場合は、時効援用後1か月以上期間を開けて再度信用情報を取得して確認するという方法もあります。

まとめ

今回は消滅時効を援用する際の手段としての内容証明書活用方法をご紹介しました。内容証明書を活用することで、スムーズな事務処理が行えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました