【生活介護事業について】~行政書士試験合格者が解説~

福祉業務

今回の記事も現在業務で行っている福祉関係の知識と、行政書士としての知識を組み合わせ、福祉についての知識を記事にしていきたいと思います。福祉業務を専門としている行政書士は数がまだ少ないと聞いています。理由としては、福祉知識の難しさが挙げられています。今回からの記事を読んでいただくことで、行政書士を目指し受験されている方はもちろんのこと、行政書士の実務を学びたいと思っている方、開業準備をしている方、市民法務分野に興味がある方の知識が増えてもらえればと思います。福祉事業の生活介護の事業について詳しく解説していこうと思います。この記事を読むことで福祉事業の生活介護の施設運営に必要なことを知ることが出来ます。

生活介護事業

 障害者支援施設その他の以下に掲げる便宜を適切に供与することができる施設において、入浴、排せつ及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他必要な援助を要する障害者であって、常時介護を要するものにつき、主として昼間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他の身体機能又は生活能力の向上のために必要な支援を行います。

生活介護サービスの利用者と最低人員

「生活介護サービス」では、自宅やグループホームなどの障がい者支援施設などに入居する方に対し、入浴・排せつ・食事等の介護、調理、 洗濯・掃除等の家事、生活等に関する相談や日常生活上の支援、創作・ 生産活動の提供、身体機能や生活能力の向上のために必要な援助を行ないます。そして、原則として医師や看護師の配置・嘱託が義務づけられています。
障がい福祉事業における生活介護サービスは、次にあげる方を対象にしています。

①障害支援区分3以上(施設入所支援等に入所する場合は区分4以上)
②年齢が50歳以上の場合は障害支援区分2以上(施設入所支援等に 入所する場合は区分3以上)
③生活介護と施設入所支援を組み合わせた利用を希望する者で、障 害支援区分4(50歳以上の場合は区分3)より低い者で、特定相 談支援事業所によるサービス等利用計画案の作成手続きを経て、 市町村により必要性を認められた者(「新規入所希望者で区分1 以上の者」など)

なお、生活介護サービスは、就労系と同じく日中に提供されるサービ スですが、他のサービスと違い、利用するには障害支援区分の認定が必要です。

【最低定員】

障がい福祉事業所の最低定員は20名です(多機能型の場合は、この限りではありません)。

生活介護サービスの人員配置基準

生活介護サービスを運営するには、管理者、サ ービス管理責任者、生活支援員、医師(嘱託でも可)、看護師、場合によっては理学療法士または作業療法士が必要です。
生活介護サービスを行なうには、生活支援員、看護師、医師の配置が必要となります。医師の配置がない場合は減算となります。また、機能訓練を行なう場合は、理学療法士、作業療法士等の配置が必要になります。

生活支援員等の人員配置は、平均障害支援区分に応じて、次のようになっています(たとえば「6:1」とは、利用者6名に対し1名の人員配置が必要になるということです)。

①平均障害支援区分が4未満・・・6:1
②平均障害支援区分が4以上5未満・・・5:1
③平均障害支援区分が5以上…3:1

なお、新規申請時には、利用者の「受入れ予定」や「受入れの推定」 にもとづいて障害支援区分を算出し、人員配置を決定する指定権者が多いようです。

生活介護サービスの設備基準

訓練・作業室:
・サービス提供に支障のない広さを備えること(利用者 1人当たりの面積が3.3㎡必要な指定権者もあるので、 その場合、最低定員が20名(例外として多機能型の場 合は20名以下でも可能)であることから訓練・作業室 の最低面積は66㎡必要)
・訓練、作業に必要な機械などを備えること
相談室:プライバシーに配慮できる空間にすること
多目的室:相談室と兼ねることが多い
洗面所・トイレ:
・利用者の特性に応じたものである必要がある
・トイレ手洗いと洗面所の兼用は不可の指定権者が多い
事務室:
・設備基準上は不要だが、指定権者によっては必要な場 合がある(運用上、ないと作業効率が非常に悪い)
・個人情報保管の関係からカギ付きの書庫を備えるべき

生活介護事業所の過ごし方

おおまかなタイムスケジュールをまとめてみました。

時間活動内容
9:00~・ミーティング
・バイタルチェック
10:00~・朝の会
・日中活動の開始(生産活動、創作活動、運動機能訓練、余暇活動、入浴など)
11:30~・昼食準備
・昼食
13:00~・日中活動の再開
15:30~・トイレ誘導
・帰りの会

利用者宅に職員が8:30~に迎えに行き、16:00~に自宅まで送るのも加えると、昼間のほとんどの時間を生活介護事業所で過ごすことになります。またバイタルチェック、入浴、決まった時間の昼食といった健康的な生活を送るためのサービスも受けられるため、体調も崩しにくくなるのではないでしょうか。

まとめ

今回は生活介護事業所について説明しました。日中活動の場ですが、介護給付となるため区分が必要となります。介護サービスはデイサービスがありますが、障がい者は生活介護事業所の利用となります。

タイトルとURLをコピーしました