【公的にお金が借りれる!?】社会福祉協議会が行う総合支援貸付・福祉資金貸付について~現役福祉職公務員が分かりやすく解説~

救済処置支援

皆さんお金を借りる時はどのような手段を思い浮かびますか??銀行にお金を借りる人もいれば、消費者金融を思い浮かぶ方もいると思います。また、家族や友人に一時的にお金を借りれる経験をした方もいると思います。公的貸付という制度といえば学生時代に借りた奨学金を思い浮かべる方もいるでしょう。今回ご紹介する社会福祉協議会での貸付制度は条件はありますが低金利または無利子で借りれる制度であるため、どうしても収入が少なく預貯金が無くなった時には一度検討してみるといいでしょう。
今回の記事を読むことで社会福祉協議会の行う貸付の要件や金額が分かります。そこでご自身の状況を踏まえどのような保障が受けれるのか確認しましょう。

社会福祉協議会が行う貸付制度の種類

社会福祉協議会が行う金銭貸付制度は5種類あります。

①総合支援資金
②福祉資金
③緊急小口資金
④教育支援資金
⑤不動産担保型生活資金

くまくまさん
くまくまさん

これからそれぞれの対象者や金額についてご紹介します。

総合支援資金

失業や減収により生計の維持が困難になり、生活再建のため継続的な相談支援を必要とし、貸付を行うことにより自立が見込まれる世帯に対し、資金を貸付けることにより、世帯の自立を支援する制度。
総合支援資金の貸付の種類には③つあります。

①生活支援費…生活再建までの間に必要な生活費用
②住宅入居費…敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
③一時生活支援費…家財道具の購入費、滞納している家賃や公共料金、債務整理に伴う費用

貸付限度額

①生活支援費…単身世帯15万円以内/月・複数世帯20万円以内/月 貸付期間終了後6カ月間の据置期間経過後10年以内
②住宅入居費…40万円以内 据置期間6カ月経過後10年以内
③一時生活支援費…60万円以内 据置期間6カ月経過後10年以内

貸付利子

連帯保証人あり…無利子、連帯保証人なし…年1.5%

その他条件

・対象は65歳未満
・離職の日から2年を超えていないこと
・多額の債権はないこと
・破産手続きなど債務整理中ではないこと

福祉資金

低所得者、障がい者または高齢者の世帯に対し、資金の貸付と必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立および生活意欲の助長促進並びに在宅福祉および社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにする制度。福祉費と呼ばれます。主な貸付の目的は。。。

①生業を営むために必要な経費
②技能習得に必要な経費およびその期間生計を維持する為にひつような経費
③住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
④福祉用具等に必要な経費
⑤障害者用の自動車の購入に必要な経費
⑥中国残留邦人等にかかる国民年金保険料の追納に必要な経費
⑦負傷または疾病の療養に必要な経費およびその療養期間中の生計を維持するために必要となる経費
⑧介護サービス、障害サービス等を受けるのに必要な経費およびそのサービスを受ける期間中の生計を維持するために必要な経費
⑨災害を受けたとこにより臨時に必要となる経費
⓾冠婚葬祭に必要な経費
⑪住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
⑫就職、技術習得等の支度に必要な経費
⑬その他の日常生活上一時的に必要な経費…「対象となるもの:エアコン、冷蔵庫、給湯器、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、コンロ、エアコン等」「対象とならないもの:布団、衣類、テレビ、家具類等」

貸付限度額

⓵460万円 据置期間6カ月経過後、20年以内
②130万円(6か月以内)220万円(1年以内)400万円(2年以内)580万円(3年以内)習得後据置期間6カ月経過後、8年以内
③250万円 据置期間6カ月経過後、7年以内
④170万円 据置期間6カ月経過後、8年以内
⑤250万円 据置期間6カ月経過後、8年以内
⑥513.6万円 据置期間6カ月経過後、10年以内
⑦170万円 据置期間6カ月経過後、5年以内
⑧170万円 据置期間6カ月経過後、5年以内
⑨150万円 据置期間6カ月経過後、7年以内
⑩50万円  据置期間6カ月経過後、3年以内
⑪50万円  据置期間6カ月経過後、3年以内
⑫50万円  据置期間6カ月経過後、3年以内
⑬50万円  据置期間6カ月経過後、3年以内

貸付利子

連帯保証人あり…無利子、連帯保証人なし…年1.5%

その他の条件

・低所得者・高齢者世帯・障がい者世帯が対象 
・自己破産手続き中または免責決定後5年経過していないこと
・借金の返済または建て替え資金に充てる目的は貸付対象外

くまくまさん
くまくまさん

種類が多く細かな要件があるため、問合せして確認してみましょう。

まとめ

 今回ご紹介した制度は①総合支援資金②福祉資金です。どの制度も据置期間というものがあります。据置期間とは支払いの猶予期間です。支払いの発生が猶予されるので生活の立て直しに助かりますよね。また連帯保証人を立てることは原則必要ですが状況によっては連帯保証人が無くても借りることが出来るのはメリットですね。ただし連帯保証人がいれば無利子なのに対し、いなければ年1.5%の利子が生じてしまうので注意が必要です。
 次回は緊急小口資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金を順にご紹介していきますので是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました