【絶対的貧困と相対的貧困】日本は裕福な国?最低生活とは?~現役福祉職公務員が実務から感じること~

救済処置支援

皆さんは絶対的貧困相対的貧困という言葉を聞いたことはありますか??言葉だけでいうと絶対的と相対的であれば絶対的の方が困窮状態が強いと言う事が分かると思います。世界では貧困問題が深刻な状況であるとニュースやテレビ番組で見たことがあるのではないでしょうか。日本は海外に比べれば食べ物に溢れ、社会保障制度があり貧困にならないように様々な施策がされています。社会保障制度を活用しても生計維持が出来ない時に生活保護制度を活用することになるのですが、国の保障している生存権「健康で文化的な最低生活の保障」は絶対的貧困のための保障なのか、相対的貧困のための保障なのかといった問題があります。生活保護費は数年に一度改正され、支給額が下がったことにより各地では裁判が発生しています。今回はそんな最低生活について考えてみたいと思います。今回は法的知識やすぐに使える制度ではないですが、生活をしていく上で知っていると考え方に影響があるかもしれません。

貧困の定義

貧困の定義はSDGsや国連開発計画(UNDP)、国際貧困ライン、日本の国民生活基礎調査でさまざまあります。世界での定義では国連開発計画(UNDP)世界中で12億以上の人々が1日わずか1ドルで生活している状態であり、20億人以上が1日2ドル未満で生活している状態。教育、仕事、食料、保健医療、飲料水、住居、エネルギーなど最も基本的な物・サービスを手に入れられない状態のことであると定義されています。これは「絶対的貧困」と定義されます。

絶対的貧困の定義

絶対的貧困とは、国・地域の生活レベルとは無関係に、生きるうえで必要最低限の生活水準が満たされていない状態を言います。
現在では世界銀行の定めた国際貧困ラインを基準に、衣食住など、最低限必要とされる生活物資を購入できる所得または支出水準に達していない人々のことを絶対的貧困者と呼んでいます。

相対的貧困の定義

相対的貧困は、ある地域で大多数よりも貧しい状態のことをいいます。具体的に表すと、周りの人より生活水準が低い状態です。例えばみんなが車を持っていれば車を持っていないと相対的貧困とみなされるということです。
 現在の日本では絶対的貧困状態は起きないように保障されているため、相対的貧困が問題視されています。しかし、国が最低生活を保障しているからといって必ずしも衣食住が行き届いているかは限りません。埼玉餓死事件は2012年2月20日、老夫婦と39歳の息子3人の家族が家賃を払う余裕がなく、電気は止められており、暖房費を支払うことができないための低体温症も死の原因であったというニュースもあるため、安心するのは危険です。
それでもなお、世界的にみると日本は裕福な国です。
生活保護の最低の保障は「絶対的貧困」の保障か「相対的貧困」なのか、ケースバイケースでとても判断が難しいところです。例えば、生活保護費が下がったことによる裁判で、原告は「生活扶助費を下げられたことにより、墓参りにも行けない」といった主訴がありました。これは、健康で文化的な生活についてどこまでが保障されるのかといった問題です。絶対的貧困ではないが、周りが普通に行っている相対的貧困に対する保障を行うのかといったところが争点となっています。

日本の現状

毎年厚生労働省が行っている国民生活基礎調査をもとに状況を確認しましょう。

日本の貧困率の推移を見てみると、1985年から2012年までの相対的貧困率は緩やかに上昇しています。
2012年が16.1%とピークとなり、2021年は15.4%でやや低下はしているものの、2006年前と同じような水準となっています。
これを子どもの貧困率で見てみると2012年には大きく上昇し16.1%となったものの、2021年には11.5%と低下し1985年の水準まで戻っています。これは行政や各支援団体の取り組んでいる状況が読み取れます。しかし、9人に1人の子どもが貧困状態にあるため、引き続き問題解決に向けた取り組みが必要な状態と言えます。

日本の取り組み

相対的貧困は周りと比べて貧困状態ということですから、相対的貧困率を「0」にすることは困難であることは言うまでもありません。しかし、少しでも「0」に近づけるような努力がなされています。解決に向けた方向としては、国の相対的貧困率を減少させること、そして、個人が相対的貧困に陥っている期間をできるだけ短くすることです。現在は国の施策として生活困窮者自立支援法や、子ども食堂の実施、高校の授業料無償化などを行い貧困の負のサイクルを改善する支援が行われています。

まとめ

みなさんは日本の貧困の状況についてどう思われますか??日本は世界に比べれば裕福な国であると言えます。しかし、周りが裕福になると次は個々人の幸福追求がなされます。そして周りと比べて相対的貧困といった問題が起こっています。貧困をどう捉え生活していくのか、また貧困に対して支援していくのかとても難しく答えがない問題です。良ければ皆さんの貧困に対する考えを教えていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました